• ホーム
  • ピルに影響を受けるのは子宮内だけじゃない

ピルに影響を受けるのは子宮内だけじゃない

心配する女性

ピルには、低用量ピルなどというものもあり、ピルというと、避妊のためのお薬、このようなイメージがありますが、低用量ピルの場合には、女性特有の病気である子宮内膜症などを治してくれる効果などがある他、毎月の生理、月経が酷く辛い人、月経困難症の人の治療のために使われる薬でもあります。
この低用量ピルなどは、子宮内だけに影響を与えるものではなく、体のあちこちに影響を与えるものです。
例えば、この上記のような月経困難症を抱えている患者さんの場合、毎月の生理が酷く辛く、吐き気やめまい、頭痛、腹痛、便秘、下痢など、酷い場合には立ちあがることさえ困難であり、生理の期間中には、ベッドで寝ている以外に何も出来ない、それくらい酷い症状を抱えています。
そのため、産婦人科などを受診すると、先生によっては、その患者さんの体調を見ながら、低用量ピルを勧めて、このような上記のような酷い症状を、少しでも改善できるように処方をしてくれるケースがありますが、これもまた、個人差があり、子宮内だけにピルが効くものではなく、酷い場合には、胃痛がしたり、吐き気がしたり、めまいや気持ちの悪さが出てしまうケースもあります。
これは、個人差などがあり、もちろん、処方をしてもらうことで、月経困難症や子宮内膜症が良くなった、とても楽になった、このような症状の改善がみられる人もいる一方で、上記のように体に合わず、子宮内だけでなく、胃痛などから、胃やお腹などに影響が出てしまう…このようなケースなどもあります。
そのため、とても個人差が大きいものであり、体調やその人の体の体質に合えば、とても良いものですが、上記のように、辛い症状を味わってしまうことになる人もおられることは事実です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索